▼WHAT'S NEW!!

2020/1/28 「ランドオペレーターとの商談会」を開催しました!

     

 成田空港を経由する訪日外国人の県内誘客促進を目的として、千葉インバウンド促進協議会との共催により、ランドオペレーターと両協議会会員の宿泊事業者・観光事業者・交通事業者の皆様との商談会を2020年1月28日(火)たてやま温泉夕日海岸昇鶴で開催しました。成田空港活用協議会としては5回目の開催となります。

本商談会は、県内の観光地域で毎年場所を変えながら開催してますが、今回は復興支援の意味を込めて被害の大きかった南房総地区(館山市)で開催しました。

 ランドオペレーター11社、セラー30社・団体が一堂に会した商談会では、冒頭、千葉県からインバウンド誘致にかかる支援や今後の取組みについて参加者に説明があり、その後、各ブースで商談が実施されました。

 商談会終了後に実施した交流会では、商談会で伝えきれなかった話や情報交換を行うことで、更なる交流を深めていただきました。

 また、商談会の翌日には、ランドオペレーターに地元をよく知ってもらうことを目的としたモニターツアーを実施しました。

モニターツアー行程:ホテル⇒鴨川シーワールド⇒小湊誕生寺⇒鋸南(をくづれ水仙郷)⇒ザ・フィッシュ(昼食)及び東京湾フェリー・鋸山ロープウェーの説明⇒館山ファミリーパーク⇒館山城⇒館山駅経由ホテル

※ツアーポイント間はバスで移動しました。

商談会場の様子

 

交流会の様子

 

モニターツアーの様子

(「をくづれ水仙郷」を見学する参加者)

モニターツアーの様子

(「館山ファミリーパーク」を見学する参加者)

個別商談の様子

(1コマ10分で13コマの商談を実施しました)

モニターツアーの様子

(「鴨川シーワールド」を見学する参加者)

モニターツアーの昼食

(「ザ・フィッシュ」にて)



2020/1/24 「日本遺産等を活用した誘客促進事業」におけるモニターツアー(成田市)を実施しました!

 会員である(株)近畿日本ツーリスト首都圏が、当協議会事業の「日本遺産等を活用した誘客促進事業」において、1月24日(金)に成田市周辺でモニターツアーを実施しました。

 本事業は、日本遺産に指定された地域の魅力を活用し、千葉県内の交流人口拡大と訪日外国人増加に向けたツアー造成を目的としております。

 参加者からは、元々歴史好きであったが、ガイド付きのツアーではいろいろと学ぶことが多くてとても良かったとの声がありました。

ツアー行程:JR上野(集合)⇒宗吾霊堂⇒成田山表参道⇒近江屋(昼食)⇒成田山新勝寺⇒

 房総のむら⇒JR上野駅(解散)

※ツアーポイント間の移動は、専用バスを利用しました。

ガイドの説明を受ける参加者(宗吾霊堂)

宗吾霊堂:成田市内にある真言宗豊山派の寺院。義民・佐倉宗吾※の霊が祭られていることから宗吾霊堂とよばれている。

※重税に苦しむ農民のために将軍へ直訴し、処刑された。

近江屋(昼食)

近江屋:成田山新勝寺近くに店を構えて約300年の由緒ある老舗。伝統のうなぎ料理や定食などを提供している。

 

 

 

園内を散策する参加者(房総のむら)

房総のむら:栄町にある体験型博物館。房総の伝統的な生活様式や技術を体験することができる。県内各地から出土した考古遺物や、武家・商家・農家などの展示を通じて歴史を学べる。

成田山表参道をガイドと歩く参加者

成田山表参道:成田駅前から約800m続く表参道。江戸時代から門前町として栄え、今でもその当時の名残をとどめている。

 

ガイドの説明を受ける参加者(成田山新勝寺)

成田山新勝寺:成田市内にある真言宗智山派の仏教寺院。開山は平安時代中期と伝えられる。源頼朝や徳川将軍家といった武将から崇敬を受けた。成田国際空港に近いことから、外国人観光客にも人気がある。



2019/11/29 「日本遺産等を活用した誘客促進事業」におけるモニターツアー(佐倉市)を実施しました!

 会員である(株)近畿日本ツーリスト首都圏が、当協議会事業の「日本遺産等を活用した誘客促進事業」において、11月29日(金)に佐倉市内でモニターツアーを実施しました。

 本事業は、日本遺産に指定された地域の魅力を活用し、千葉県内の交流人口拡大と訪日外国人増加に向けたツアー造成を目的としております。

 参加者からは、自身で佐倉市内を散策するとツアーポイント間の移動が大変だったが、専用バスで巡る本ツアーは移動が楽でとても良かったとの声がありました。

ツアー行程:上野⇒佐倉城⇒国立歴史民俗博物館⇒秋田屋(昼食)⇒ひよどり坂

      ⇒武家屋敷⇒旧堀田邸⇒佐倉ふるさと広場(買い物)⇒上野

 

ガイドの説明を受ける参加者(佐倉城)

佐倉城:江戸の東を守る要として幕府の中枢を担った土井利勝(どいとしかつ)が1611年から約7年かけて築城。

ひよどり坂を歩く参加者

ひよどり坂:武家屋敷通りに隣接した古径(こみち)で、江戸時代からほとんど変わらない美しい竹林に囲まれている。

ガイドの説明を受ける参加者(旧堀田邸)

旧堀田邸:最後の佐倉藩主である堀田正倫(ほったまさとも)の邸宅・庭園。旧大名家の気風を今に残し、正倫の業績を知ることができる。

国立歴史民俗博物館へ向かう参加者

国立歴史民俗博物館:日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する博物館。

佐倉市役所職員の説明を受ける参加者(武家屋敷)

武家屋敷:佐倉城築城にあわせて、城の東に連なる台地上に武家屋敷と町屋を配置し、城下町が整備された。現在も昔ながらの区割りや家屋が多く残されている。



2019/9/27 ちばの「おもてなし」食フォーラムを開催しました!

 会員である千葉県、千葉市及び(株)みんなのごはんと共同で、ちばの「おもてなし」食フォーラムを9月27日(金)にホテルスプリングス幕張で開催しました。

 

 このフォーラムは、訪日外国人の皆様が安心して食事を楽しめる環境の整備を目的として当協議会で取り組む、ちばの「おもてなし」食プロジェクトのキックオフにあたるもので、県内の飲食店や食品メーカーの方々など73名が集まり、ハラール対応で先行している千葉市やハラールビジネス、ベジタリアンビジネスを手掛ける民間事業者らの講演のほか、業界でいち早くハラール認証を取得したホテルスプリングス幕張が提供するハラールメニューなどの試食を体験しました。

 

 試食では、「おいしい」や「(ヴィーガン向けハンバーガーについて)お肉を使っているハンバーガーと違いを感じない」などの感想が聞かれ、参加者にとっては新たな発見の場となりました。

 

 また、参加者からは、ちばの「おもてなし」食プロジェクトについて「素晴らしい取り組みである」とのご意見も聞かれ、本事業にとって良い船出となりました。

講演のようす

 

ムスリムへのおもてなしについて講演する松本社長

((株)G-BIZ EAST)

試食提供の中の一品(ヴィーガン対応ハンバーガー)

ムスリムへのおもてなしについて講演する桜井課長

(千葉市観光プロモーション課)

ベジタリアンへのおもてなしについて講演する岩溪代表取締役((株)みんなのごはん)

試食のようす



2019/8/3 ジェットスター庄内‐成田線新規就航に合わせて、山形県で千葉県の魅力をPRしました!

成田国際空港㈱、ジェットスター・ジャパン㈱、及び京成電鉄㈱と連携し、8月3日に山形県酒田市の酒田花火ショーにブース出展し、8月1日に新規就航した庄内‐成田線のPRを実施しました!

山形県内有数の大きな花火大会ということもあり、当日は早い時間からお客様でにぎわいました。千葉県八街産の落花生のつかみどりもたいへん人気でした。

また千葉県の観光情報や成田空港から東京都心までのアクセスの利便性についてPRし、「こんなに安く行けるんだね!」「今度の帰省で使おうかな」といった言葉も聞くことができました。

ブースは大盛況で、千葉県産の落花生も人気でした!

最上川河川から打ちあがる花火もきれいでした



2019/7/31 おいしい千葉と空の商談会2019夏を開催しました!

成田空港を活用した新しいビジネス創出を目的として、会員である全日本空輸(株)にご協力いただき、「おいしい千葉と空の商談会2019夏」を7月31日(水)にANAクラウンプラザホテル成田で開催しました。

バイヤーとして全日本空輸関係先企業6社(7部門)をお迎えし、多数の申込の中から今回は56の県内事業者の方々に出展者として参加してもらいました。

 

当協議会の取り組みとしては、3月に引き続き、2回目となる今回。56のうち32事業者が初出展となり、前回にも増してバリエーション豊かな商談会となりました。前回同様、個別商談と展示商談の場を設けましたが、かなりいい感触を得た参加者もいらっしゃったもようで、今後の展開が楽しみです。

 

前回に引き続き、会員経済団体、会員金融機関、会員自治体及び地元経済団体の皆様のご協力のおかげで「オール千葉」を印象づける活気ある商談会となりました。

 

佐久間会長によるあいさつ

特別顧問でもある森田千葉県知事によるあいさつ

個別商談では詳しい取引条件等の説明をします

全日本空輸㈱志岐副社長によるあいさつ

参加者のジュースを丁寧に味わう佐久間会長と森田知事

バイヤーも熱心に千葉の逸品を探しています



2019/3/19 おいしい千葉と空の商談会2019春を開催しました!

 成田空港を活用した新しいビジネス創出を目的として、会員である日本航空(株)にご協力いただき、「おいしい千葉と空の商談会2019春」を3月19日(火)にホテル日航成田で開催しました。

 バイヤーとして日本航空関係先企業8社(10部門)をお迎えし、多数の申込の中から今回は55の県内事業者の方々に出展者として参加してもらいました。

 

 商談会では、参加事業者がバイヤーと直接テーブルを挟んで商談する個別商談と、参加事業者がブースに商品を展示しバイヤーに見てもらう展示商談の機会を設けました。具体的な取引のための商談に加え、バイヤーから取引につながる商品づくりのアドバイスを受けたり、他の参加事業者との交流が生まれたりと、参加事業者にとっては気づきの多い商談会となりました。また、バイヤーにとっても、「まだこんなにおいしい商品があったとは」と語るなど、新しい気づきの場となりました。

 

 当協議会としては初となる催しでしたが、会員経済団体、会員金融機関のほか、地元経済団体にもご協力いただき、まさに『オール千葉』の全精力を結集して開催し、非常に活気ある商談会となりました。

特別顧問である森田千葉県知事も駆けつけ、激励のあいさつをしていただきました

日本航空(株)藤田副社長によるあいさつ

 

バイヤーも熱心に千葉の逸品を探します

おいしそうなトマトに思わず手を伸ばす森田知事

生鮮食品、加工食品、お菓子、お茶、お酒などさまざまな食品が並びました

当協議会の監事でもある千葉県中小企業団体中央会の平会長によるあいさつ

個別商談ではあらかじめ聞いたバイヤーニーズに合う商品をプレゼンします

展示商談はさながらデパートの物産展のように華やかです

バイヤーも試食をしながら各ブースを回ります



2019/3/9~10 ジェットスター高知‐成田線新規就航に合わせて、高知県で千葉県の魅力をPRしました!

 3月2日から10日にかけて高知市中心街を中心に開催されたイベント「土佐のおきゃく」に成田国際空港(株)及びジェットスタージャパン(株)と連携して、3月9日・10日の2日間、12月19日に新規就航した高知‐成田線のPRを実施しました!

 「おきゃく」とは土佐弁で宴会のこと。メイン会場の中央公園は、その名のとおり昼間からお酒を飲みかわす人や家族連れなどで賑わい、ブースには約1,800名もの高知のみなさまに立ち寄りいただきました。高知に負けじと千葉の地酒を持ち込み、千葉の観光や魅力をPRしました。

商店街近くに構えたブースには、多くの人に立ち寄ってもらいました

 チーバくんも駆けつけてPRを手伝ってくれました



2019/2/25 ランドオペレーターとの商談会を開催しました!

 成田空港を経由する訪日外国人の県内誘客の促進を目的として、千葉インバウンド促進協議会との共催により、ランドオペレーターの方々と両協議会会員のホテル事業者・交通事業者・観光事業者等の皆様との商談会を2月25日(月)マロウドインターナショナルホテル成田で開催しました。成田空港活用協議会としては4回目の開催となります。

 

 ランドオペレーター15社、会員31社・団体が一堂に会した商談会では、冒頭、千葉県からインバウンド誘致にかかる支援や今後の取り組みについて参加者に説明があり、その後、各ブースで商談が行われました。

 

 各ブースでは、訪日外国人に千葉県をもっとよく知ってほしい、体験してほしいという全参加者の共通の思いの実現に向けて、熱く意見交換がされ、より旅行者のニーズに合った魅力的な商品の造成や県内への外国人の誘客の更なる増加に繋がることが期待されます。

 

 また、商談会終了後に実施した交流会では、商談会で伝えきれなかった話や情報交換を行うことで、更なる交流を深めていただきました。

商談会場の様子

各ブースで熱い商談が繰り広げられています

商談会では10分間であいさつから商材のPRまで行います

交流会では和やかな空気で情報交換が進んでいました


集合写真


2018/10/31 第3回県内経済活性化ビジネスセミナーを開催しました!

 成田空港を中心として生まれる人・物・財の流れを、県内各地域で取り組まれている地方創生の動きとどのように連携させるべきかを考えるため、地域振興に深い知見を持つ藻谷浩介氏(㈱日本総合研究所主席研究員)を講師としてお迎えし、「平成30年度第3回県内経済活性化ビジネスセミナー~成田空港から地方創生を考える~」を開催しました。

 

 講演では、冒頭、日本及び地域の人口構造などを例に、統計データに基づいて現状を理解することが重要である旨の説明があり、その上で、千葉県が活かしていくべき地域資源のアドバイス等、国内で取り組まれている先進事例等を例に、これからの県内各地域の目指す方向性について提言がありました。

 

 参加者からは、「身近に観光資源はたくさんあることに気づいた」、「観光、とりわけ外国人相手のビジネスのヒントを得られた」等、各地域の取り組みに関するヒントを得られたという感想のほか、「風潮やイメージにとらわれないモノの見方について考えることの重要性を再認識した」、「事実への認識が不足していることを痛感した」等、個人の仕事の取り組み方の意識向上についての感想もあり、示唆に富んだ内容となりました。その他にも、「とにかくやらなければ何も得られない」、「資源の活用を本気で考える」等の声もあり、地方創生への機運醸成を図るよい機会となりました。

水野参与(ちばぎん総合研究所取締役社長)による主催者挨拶

途中、クイズもあり参加者は考えながら講演を聞きます

講演する藻谷氏

講演の様子



2018/10/20~21 ジェットスター長崎-成田線新規就航に合わせて、長崎県で千葉県の魅力をPRしました!

 成田国際空港(株)及びジェットスター・ジャパン(株)と連携し、10月20日と21日に長崎市水辺の森公園において開催されたLovefes2018(KTNテレビ長崎・FM長崎主催)で、9月6日に新規就航した長崎-成田線のPRを実施しました!

 市中心部からほど近く、また海も見える絶好のロケーションと見事な秋晴れ(少し暑いくらいでしたが・・・)の中、私たちのブースでは約2,700名の長崎県のみなさまにイベントにご参加いただき、千葉県の観光情報や成田空港から東京都心までのアクセスの利便性についてPRしました。

地元テレビ局のインタビューで頑張って千葉県や成田空港の魅力を伝えるチーバくん

ブースへと向かう行列は絶えることがありませんでした。



2018/6/4 平成30年度第2回県内経済活性化ビジネスセミナーを開催しました!

 2018年6月2日に外環道三郷南IC-高谷JCT間が開通したことを受け、千葉県・成田空港と関東一円がより便利につながることの経済効果を考えるとともに、外環道と結合が予定されている北千葉道路の開通への期待感を醸成するため、「平成30年度第2回県内経済活性化ビジネスセミナー~外環道千葉県区間開通により期待される地域活性化効果と発展方向~」を開催しました。

 

 このセミナーでは、国、地元商工会議所、近隣物流関連企業の講演に加え、開通したばかりの外環道松戸IC-高谷JCT間を実際に利用し、成田空港と東葛飾地域が広くつながる意義・効果を体感するバスツアーも併せて実施しました。

 

 参加された方からは、「千葉ー松戸間の所要時間の大幅な短縮を実感できた。」、「北千葉道路整備を見据え成田空港と各都市を結ぶ新規バス路線の開発を検討したい。」、「北千葉道路は成田空港とのアクセス強化に加え、防災上のメリットも多いため、早期開通が必要であると感じた。」といった意見をいただき、外環道の開通効果のほか道路整備の必要性を感じていただくことができました。

バスツアーの道中で、外環道整備により期待される千葉県

の発展方向と課題について講義する小松経済活性化部会長

(ちばぎん総合研究所調査部担当部長)

セミナー会場の様子

 

 

外環道開通により期待する効果について講演する薄葉専務

理事(松戸商工会議所)

主催者挨拶を行う水野参与(ちばぎん総合研究所取締役社長)

 

 

首都圏における外環道の重要性・整備効果と今後の整備の

展望等について講演する鈴木道路企画官(国土交通省関東

地方整備局)

最新鋭の物流施設展開と社会インフラ(高速道路・空港)

活用について講演する村上開発部部長(プロロジス)



2018/5/25 平成30年度成田空港活用協議会総会及び第1回県内経済活性化ビジネスセミナーを実施しました!

 5月25日(金)、オークラ千葉ホテルにて、小泉副会長(成田市長)、森田知事(特別顧問)をはじめ約100の会員企業・団体の方々に出席いただき、6年目のスタートとなる「平成30年度成田空港活用協議会総会」を開催しました。

 昨年11月の臨時総会において協議会の事業期間延長が決定され、第2ステージの始まりとなる今総会では、今後の協議会の事業を後押しする意見も聞かれました。

 総会では、小泉副会長が議長となり満場一致で以下の議題が承認されました。

  ・平成29年度事業報告、収支決算

  ・平成30年度事業計画(案)、収支予算(案)

 

 また、総会に引き続き、㈱ちばぎん総合研究所の関調査部長による“周遊データを活用したインバウンドビジネスの成功戦略~千葉県インバウンド周遊動向調結果報告~”と題した平成30年度第1回県内経済活性化ビジネスセミナーを併せて開催いたしました。

 セミナーの参加者からは、「宿泊拠点別にインバウンドの行動傾向が明かになり今後の事業の参考になった」、「インバウンド対応の重要性を改めて認識した」等のアンケート回答があり、今後のインバウンド対応を考える材料としていただくことができました。 

 

総会の様子

特別顧問である森田知事による挨拶

議長を務める小泉副会長

平監事(千葉県中小企業団体中央会会長)による挨拶

協議会の今後の活動への期待を語る会員

セミナーの様子


ダウンロード
議案書.pdf
PDFファイル 1.3 MB
ダウンロード
千葉県インバウンド周遊動向調査結果報告書【概要版】.pdf
PDFファイル 912.8 KB

平成29年度下半期の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成29年度上半期の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成28年度下半期の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成28年度上半期の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成27年度の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成26年度の活動状況については、こちらをご覧ください。

平成25年度の活動状況については、こちらをご覧ください。